パチンコ店運営者様向け「戦略・戦術サイト」 G-net

06-6634-1755

 



トップ >コンテンツ一覧 >コンテンツ詳細


研究員「高橋正人」のご紹介

投稿者: 高橋 正人

 

G-netでモノ申す

 

新サイトに初お目見えで・・・モノ申す。

なにやら、サイトの新ページが始まった(らしい)ですね。私は【TKC代表の髙橋正人】と申します。何はともあれ、このサイトが「有益なページ」となりますように、頑張ってみようかと思っていますので、よろしくお願い申しあげます。

私が語れるのは「パチンコに特化」となりますが、「新機種」の事、「スペック」の事、「ホール運用」の事・・・等々、随時書き記してみたいと思います。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

これからパチンコ復活!?に・・・モノ申す。

まだまだ、『スロット6号機に、期待出来ないよねぇ~』と仰いますが、・・・『確かにそんな感じ』ですねぇ(涙)

その替りに、『パチンコの復活に期待出来るぞ!』と仰いますが・・・『そう簡単じゃない』んですよねぇ(汗)

「新台入替は必須!」については否定の余地が無い。『顧客に新商品(新機種)を提供する』事は、【来店動機】に繋がる事は事実ですが、だからと言って【稼働貢献】・【稼働維持】に貢献するとは限りません。

 

2018年夏、【CR機⇒P機】の変遷の中、「2019年6月」もって「CR機リリースの修了」となりました。その中で<設定付きパチンコ>と言う時代が始まり、しばらくの期間はメーカーリリースも継続されたが、気が付けば『集客貢献・稼働貢献には至らなかった』と言う現実がある。

ただこれは、『設定付きがダメ!』言う訳では無く、ホールの集客・稼働に対して、『設定の有無は、ほとんど無関係だった』と言う事になります。つまり、全機種が「設定付き」であっても、「設定無し」であっても、『どちらも同じ結果になる』と言う事で、メーカー側としては、『ならば、保通協試験の煩雑さもあるし、【設定=1段階】でいいよね』と言う現在の結果になりました。

 

そしてその後【日工組内規変更】で、<賞球数規制の撤廃=低ベース化>と、<時短性能の見直し=遊タイム>と言う遊技性能の両立が可能となり、いよいよ『遊タイム時代到来か!?』と期待されていますね。

しかし、「設定付きパチンコの無意味性」も経験した今、はたして『遊タイム(b時短)がパチンコ復活の起爆剤となるのか?』と言う不安は拭えない。最終的には『遊タイム機種のユーザーは、スロットからの回遊層になる』だけかもしれませんね。

 

従来の新機種評価に・・・モノ申す。

『新台入替は必須!』であるならば、【新機種の選択】は最も重要なコスト投資になります。しかし、その機種選択において、『従来の新機種評価では物足りない』のが現実です。

では『何が足りないのか?』・・・それは『ホール運用における管理が想定されていない』事にあります。購入した新機種、または中古機において、<買って⇒並べて⇒結果待ち>ではちょっと困る。今後最も重要な事は、『どうやって粗利構築をするのか?』に掛かっている。しかし「単純にスタート値が低くなるだけ?」「甘ベース値の管理は大丈夫?」「「スタートスランプの検証は?」等々に対して、ホールでの実運用はこまめにチェックしているのでしょうか?

 

【新台導入=来店動機】は『ユーザーが決める事』。その後の【稼働維持】は『ホールが誘導できる事』。

それを意識しつつ、<ホンモノのパチンコ復活>を目指して行きましょう!!

研究員コンテンツ一覧

ぱちんこ&スロット新機種カレンダー


新着カレンダーと価格表を更新しました。

PDFのダウンロードページへ

ぱちんこ&スロット中古機レポート


毘沙門天氏による6号機パチスロ実績&相場表をアップしました

PDFのダウンロードページへ

お問合せはこちら

06-6634-1755

メールでのお問合せ

ページの先頭に戻る