パチンコ店運営者様向け「戦略・戦術サイト」 G-net

06-6634-1755

 



トップ >コンテンツ一覧 >コンテンツ詳細


ぱちんこデータ基礎応用編

投稿者: 毘沙門天

100発スタートとベースと1000円スタート

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

新年早々から何をテーマに書いてみようかと考えていたのですが、まずはぱちんこ店運営に欠かせないデータの捉え方についていくつか書いていこうと思います。

今回はどれぐらい回っているのか?また出率の目安になるスタート関係のお話です。

 

色々な立場からのスタート

最近では1000発スタートでの表示も多いのでしょうか?お店側では一番見られるメインの指標になるであろうスタートの数字ですが、ベースと合わせて見ている人はどれぐらいいらっしゃるでしょうか?

今では1000円スタートも自動計算で表に載ってくるお店も多いかと思いますが、遊技者側としてはこの数字がメインとなっていて、情報誌には換金率に合わせたボーダーラインと呼ばれるものがあったりもします。

 

1000円スタートは12月21日の記事の通りの計算式で出るものですが、ここで少し考えたい事は1000円スタートがおおよそ「20」の台が、100発スタートが「5.6」であればベースが「30」であり、ベースが「25」であればスタートは「6.0」であり、両者とも同じ出玉率となります。(※厳密には1000円スタート19.99…)

 

どちらの1000円スタート20回が良いのか?

ここからは遊技機の特性やお店の特性など様々な判断要素が係わってきます。重要なことは、同じ1000円スタートでもベースが変わることによって消化時間が違うという事で、それぞれに適した数字であることが望ましいという事です。

 

それを見極めることが出来れば、同じ景品割数でも稼働に変化が起こり、粗利にも反映されるかもしれません。

研究員コンテンツ一覧

ぱちんこ&スロット新機種カレンダー


新着カレンダーと価格表を更新しました。

PDFのダウンロードページへ

ぱちんこ&スロット中古機レポート


大川氏による新規則機(設定付)ぱちんこ機種一覧&相場表をアップしました

PDFのダウンロードページへ

お問合せはこちら

06-6634-1755

メールでのお問合せ

ページの先頭に戻る